線路の上で明るく光るシルエット

副作用の症状とは

考え込む女性

ピルを避妊のために服用する場合、女性ホルモンに似た成分を人為的な方法で体内に摂取します。そのため、どうしても副作用を引き起こす可能性がでてくるのです。

その症状は、月経前症候群のようなものが多いといわれています。それは頭痛や吐き気・嘔吐などの症状があるのです。ホルモン量が多ければ多いほど、普段との違いがでるので副作用は強くあらわれやすいといえます。

つまり日々摂取して妊娠状態と錯覚を起こす低用量ピルは、ホルモン量とともに副作用は比較的少なく、一度の服用で強制的な生理を引き起こすアフターピルは多量のホルモンによって副作用が起こる可能性は高いでしょう。

なかでも有名な低用量ピルのトリキュラーは、妊娠時のホルモンバランスに似た状態を3段階のホルモン量で摂取する三相性タイプなので、緩やかな変化によって副作用は起こりにくくなっています。

ただ飲み始めは普段との違うホルモンバランスの変化で、多少の副作用が起こると考えられます。低用量ピルの場合は、服用を続けることでそのホルモン量に体内が慣れやすいので、しばらくしたら副作用はなくなることがほとんどです。

もう一方のアフターピルは、本来なら妊娠してしまいそうな状況でも多量のホルモンを摂取することで人為的に生理を引き起こす状態をつくります。成分の吸収が終われば、ホルモンの分泌終了と判断して、それをきっかけに生理が引き起こされるのです。

一度の服用でそれだけの働きを起こすのですから、その分身体に負担はかかってしまいます。同時に通常では起こらないほどのホルモンバランスの変化が起こるので、倦怠感や下腹部の痛みなどを伴うこともあるのです。

このように低用量ピルもアフターピルも副作用を引き起こす可能性があります。これらの症状について理解したうえで、正しい方法で服用しましょう。